私は全然不幸じゃない

チーズハットグをオータムフェストで食べた

私は全然不幸じゃない

着る服がある
住む家がある
食べる物がある

すくなくとも
明日を過ごすだけのお金はある

電気も水も今日はある
今日電気も水もない人だっている
去年の地震のときは無くなったこともあるけど
今の私にはある


親も親戚もかわいい弟もいる
死に直面する病気にもなってない

だから、私は全然不幸ではない。
全く不幸ではない。



不幸じゃないのに、悲しいのは



わかっていることがいくつかあるけれど、
わかりたくなくて、よく考えたら
最近はかなりの頻度で
涙が止まらない夜が多いねぇ、
と他人事みたいに




中途半端に息をして、歩いて、

誰も悪くないけど、悪いのは私だ
選んで生きたのは私だから
これが人生。



自動的に「いい子」になる自分にヘドが出る
それが社会性だというのか
これ以上嘘はつきたくないんだよ、
とわたしが言っても、私は聞いてくれない

最近疲れているのは、
いい子になるのに疲れているんだ
子とかいう年じゃ無いけどさ

いつも元気で明るくて、
人に不平不満を持たず、言わず。
そんな人間になりたかった
どんな努力をしたらそうなれるのかな
努力って一体なんなのか。


わたしは時々壊したくなる
私が作り上げた全てを



春から一生懸命作り上げてきた私を、
わたしは今、壊しそう。
いつも、心を遠くに、心を遠くにと
何度も繰り返す
要らない感情しか売りたく無いのに
耐えきれなくなったわたしが出てくる

わたしはいつも私を泣きたくさせる
頑張って作ったのに、
泣きながら挨拶をさせようとするのは
わたしのせい?私のせい?
いや、音楽のせいだな
なんてね


私のせいです

その日が来ればわかるさ


世界にも人生にも出口はない
例え死んでも 死 という現象が


いつか死ぬとき一番好きな服を着ていたいけど
今のまま死んだら嫌いな服が最期の服になる
いやだなぁ、あぁ、嫌だな



心を平す左官職人さん、どこですか


わたしもあなたもだれかも
平行線上の世界で生きていれたらな
交わらないで済むように

さよなら世界、なんて言っても
やめられない、辞める勇気はなくて

悩みも悩むのめんどくさくなって
どうでもいいっかって
なかったことにするのは
自分を殺しているのと一緒な気がする




何も変えられない、変わらない
そんなのダメだってわかってるのに
次の一歩が右足か、左足か、
それすらもわからなくなっている。

心のささくれを言葉にする




このままでいいのかとか
自分が何をしたいのか
何をするべきなのか
わからないなんて言いたくないけど
分からない。




自分のささくれ
全部ひっぺがして
痛いけど、そりゃ痛いけど
向き合う、そして目を背ける

いつもおんなじで。
傷口は見たくない、リアルなんだもん

君の寂しさも悲しみも辛さも、
昇華できない思いもぜんぶ
寄り添って、受けとめられるほどの
器量があれば


私だって私自身をきちんと
愛して守れたのかも

君は私で、私は君だ




刺激が欲しいわけではないけど
変わらずに変わりたいんだ

愛の愛の星

いつかたどり着くかなぁ



最近また現在地がわからない
自分のGPSバグってる

嬉しいことぶちこわしたり
悲しいことに気づいたりすることの方が
多い気がする

長文乙って言われたって
何言われたって私は私で
大好きな人に敵って思われても
死ねないのはなんでだ〜〜

(いくらツイッターで吠えても一年ぐらいDM返ってないし多分リプも見えてない)
まぁ今回DM送ってないけど😜


だってみんなはみんなのまま生きて良いでしょ

愛に飢えてんのかなまぁいいや飢えてるってか
私は溢れちまってる

最近、セミオトコとか凪のお暇みてると
人に興味ないもんねってヒロイン言われてて
普通に私人に興味ない自覚あったけど
だれもそんなこと言わないし
それは逆に人に興味ありすぎなんじゃないかとか
でも結構愛だって感じるし


愛だの恋だのよく言うけど私別に
宗教家とかじゃないよ🤣

うまく言葉にできないのが悔しいからもう少し
頭の中まとめたいな伝えたいな








ちゃんとみんな愛の、愛の星に生きてるって


(溢れ出る新興宗教感😂)

好きな音楽きいてきてメンヘラとか言ってくる奴


ファビュラスマットなガチ赤リップ






大森靖子アーバンギャルド、神かま、
相対性理論、さめざめ、クリープハイプ
coccochara欅坂46、ブクガ、でんぱ、

果ては椎名林檎まで





「音楽は何聴くの?」
「カラオケで何歌うの?」





聞かれて素直に答えたら



「病んでるの?」「メンヘラ?」


って言われるのを幾度となく経験したり、
肌で感じたりした。

その度に言葉にできない違和感、更に
形容し難い嫌悪感が生まれた。




同じ結果になるとわかっているから
この質問に答えるのをやめたけれど


病んでる、も、メンヘラ、も
プラスの言葉じゃないよね。
普通にディスっている。
ディスられている。



病んでいる、というのは
一体どういうことなんだろう、と考えてみたりもする。



私はいつだって私の中では平常で、
時に凶暴で残酷な
気持ちが生まれることもあれば、
神様のような、
生きとし生けるもの全てを
愛している!!
という気持ちになることもある。


そんな暮らしの中で出会った音楽を
選んで好んで聴くことや、口ずさむことに
なんら罪はないはずだ。






昔、先輩に突然
人となりを知りたい、と言われたことがある。



申し訳ないけれど、
普通に気持ち悪い、と思った



だけどあるとき気づいた。

好きな歌は何?、


それは、それこそ、
その「人となり」とやらを
聞くための質問なんだと。




話の流れで、
好きなアーティストは何か、
何の曲が好きなのか、という話題になることに
気持ち悪さは感じないけれど


掴みの話題がまず前置きなくこれだと
なぜか感じていた違和感


人は人にラベルをつける
自分が、この人はわからない、と思うと
この人はどういう人か、自分の物差しで
カテゴライズしないと気が済まないのだ。
他のものは、そのまんまにしておけるのに。




よくよく考えてみたら、
「おはようございます」
「おはよう」
「普段ってどういう曲聞くの?」
という会話は、文字に起こしても
かなりおかしい。





君の目で、わたしを測ってくれ。
量ってくれ、計ってくれ、図ってくれ。

わたしは永遠にわたしにしかなれない、
大森靖子を聴いたって、
椎名林檎を聴いたって。





彼女たちだって彼女たちそのもので
みんなが隠している気持ちを隠さない
(隠せない)だけで
むしろその方がわかりやすい、
わたしの中の「わかる」で。



わたしが好きなものがわたしを作っている
だけどわたしはわたしそのもので、
あなただってあなたそのもので。



心は誰にも奪えない、名前はわたしだけだよ

信念

わたしがかわいいって思えないわたしだって
ぜんぶ愛してくれよ、ねぇ。





信念揺らいじゃうのは世界のせいなんか
じゃないよ。
わたしのせいだ



心が苦しい、苦しい、苦しい
なら見なければいい、
わたしは世界を取捨選択する



正しいことが捻じ曲げられて
悪いことも正しくなる

わたしの「正しい」もくねくね道になる

本当にしたいことってなんだろう



わたしが届けたいものは、いつも届けられない
お洋服は無敵だ、と、思っていた
お洋服には敵だらけだ


お洋服を「売る」ために生きてるわけじゃない
きみや、あなたが、生きるための
衣、食、住、その全てが
あなたをあなたたらしめ、
きみをつくりあげるものだ




わたしはそれを、伝えきれなかったようだ



(受け取る側にも受け取る意思があったのか、はわからない)


ただ売るだけならAIにやらせればいい
わたしは明日も
画面の向こうにいるあなたの
あなたらしい生活をつくる
という意識がないつなぎ合わせた布を売るのだろう






今すぐ辞められるなら今すぐにでも辞めたいけれど
わたしの生活とわたしの信念


わたしの生活が勝つのだ






弱い言い訳





表も裏もあるし
表も裏もないんだな



努力は必ず報われたいんだ



ありのままなんてわからない
だってあなたに見せたいわたしが
あなたの前に立っている


弱いところも強いところも全部
あなたに見せたいところだよ
だからそのまま立っている


もしあなたの前にいない私を
見ることがあったとして
その私があなたの思う私じゃなくても
それも私で、だけどあなたの私じゃなくて


それも愛だと言うことを
わかってほしい

わかってほしくない私を
わかってほしいと言うエゴ

だけどそれもあなたを想ってこそ
と言うエゴ



私は、
山口真帆ちゃんを応援している。


山口真帆ちゃんを知ったのは
数年前のあの、疑惑のSR。

当時高校生だった私に
イムリーにSR配信しないか、と言う
DMが公式から来ていて
SRってなんだろう?
と思っていろいろ見ていた。


アイドルヲタクだったから
名前やらなにやら知っていることはあったけど
実際見たことはなくて。


そんな中飛び込んできたネットニュース。

最初のうちは、けしからん!
って思ったけど
今思えば、
まさかそんなことしながら配信する人
いるわけないじゃんね。

私は結局その話に乗らなかったけれど
山口真帆ちゃんについて
調べるきっかけとなった。



NGTを推すことにはならなかった。
しかし今年の1月、
センセーショナルなツイート、
SRは日本中を駆け巡った。


「努力は必ず報われる」たかみなの言葉。


「真面目に努力してきた」まほほんは、
「ファンという言葉を楯にした男性に
顔を押さえつけられ、部屋に押し入られた」
だけでなく、
それを他のメンバーが煽っていることを知っていて、
皮肉や暗喩を含まれる意地の悪い悪口や行動を
同じように頑張っていたメンバーから
誰もがわかる形で発信されて、
メディアからもボコボコにされて
自分の所属する会社からも悪者にされて



真面目に努力した人が成功するんじゃなくて
うまくやっている人が成功する


そう書かれていたし
それが正しいと思ってしまうことも
あったんじゃないのかなぁと思う



今日、48関連のまとめに
山口真帆を攻撃したり加害者側を擁護した人
という記事があって、


その中に、私の大好きな大森靖子ちゃんの名前も出ていた。


実際該当のツイートに関しては
タイミングもそうだし
靖子ちゃんのフォローしている某NGTメンバー
もそうだし
私も、「これはまほほんに言っているのかな」
と、思って悲しくなった。



でもこれは勝手に私がそう感じて悲しくなっただけで靖子ちゃんが悪いとかそういう話ではない。




私は、世界が努力は必ず報われる世界であってほしい、と思う。


悪いことは悪いと
きちんと正しい分量で裁かれる世界であってほしい。


でもそれぞれの正義や正しさがあることもわかっている。


その努力は努力したことについてにしか
報われないことも知っている。


生きているだけで幸せになれたら
みんな幸せなんだもん。



私が感じた悲しみは
私にしかわからないし
靖子ちゃんのツイートの真意なんて
靖子ちゃんに聞かないとわかるすべはない。
聞いたとて
わかるかって言われたら、多分わからない。



それはいつも全てそう
靖子ちゃんのことは大大だーい好きだけど
全部を全肯定できない。

誰に対してもそうだし、
何にも知らないんだ。


全部を知ってるわけじゃないから
わかるわけないし
みんなも1つだけの何かで
自分を自分たらしめられたら、嫌でしょ?


もしかしたらこれを読んでくださった方には
靖子ちゃんファンを名乗って
批判してると
思われてしまうかもしれないけれど

ただ私の感じた悲しみだけは
私だけには本当の悲しみだし


わかってくれる人もいれば
わかってくれない人もいていいし

そのわかる、が私とおんなじじゃなくても
全然いいんだよ。


これは私がみんなに見せたいわたし


真面目も努力も
どうしたらそうだと言えるのかわからないけど
なにもしなければはじまらないし
批判したり悪態ついてる「だけ」じゃ
結局進めないから

わたしは、悪態つきながらでも
頑張って進んでいきたい。

頑張ることの正解すらわからないけど、
頑張ったことがいつか報われる世界であってほしいし


頑張ったことが無下にされる世界は
私にとって正しくないし
頑張ったことを無下にする人が
無下にした人を苦しめることで
幸せに生きている世界は理不尽だと思う。



みんな理不尽だ。
からしょうがない、
そんなのわかってるけど
理不尽だもんねーで終わらせていいわけない。


それは理不尽だって声にしていかないと
少しも変わらないよね




私も自分の傷にだけ敏感な人には
なりたくないけど
自分の些細な傷ですら自分でわからなかったら
誰かを傷つけていたことだって気づけないよ



傷ついた私がうらのわたしかもしれないけど
それも含めて全部私で

表も裏も全部私だ


あなたに見せたい私が
あなたがいまみているわたしだ
それは全部あなたを思った愛だよ。